スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
みんなごめんね
3月13日に引退を予定として、ギルドのみんなに送別会してもらうはずでした

ですが、その日に脳癌で入院していた父がこの世を去りました

自分の都合で送別会を開いてくれるみんなにはドタキャンしてしまって申し訳ないです

なくなった父は63歳でした

最初に父が大きな病気にかかったのはジヨンが10歳のころ、いまから9年前のことでした

そのときかかったのが心臓病

そして、いつのまにか糖尿病になり、インスリンを毎日打ってる父がいました
(インスリン:血糖値を下げるものペプチドホルモン)

そして高校3年の受験期に肝臓、肺、リンパ腺への癌

医者はリンパ腺から脳へと癌の転移する人は多いだそうです

父が頭の異常になり始めたのが、今年の1月ごろでした。

そのときには、大きく目立つほど異変はなくいつもよりド忘れが少し多いくらいであまり気にかけてませんでした

2月はいったごろには、急激に変化がでました。方向感覚がおかしくなり

道路のど真ん中を歩いてること自体自覚できないほどでした

2月末、病院で手術を終えて2日後、父親がびっくりするほど元気で安心してましたが

手術を終えて5日後、3月に入り様態が一気に悪化

見舞いに行ったときは酸素マスクをつけ、体のいたるところにゴムの管がつながっていました

このときから、もう長くないかもしれないと覚悟してました

そして、3月13日

母から電話で父が死んだと聞いたとき、なにも言葉が出なくなっていました

自分のなかで、父が死んだと理解することが容易ではなかった

ただ単に受け入れられなかったかもしれません

病院に近づけば近づくほど不安になり、夢中になって走ってました

病院で寝ている父は当然の如く、目を開けてくれません

返事もしてくれません

触れてみても、温かくもなく、冷たくもない人形のようでした

今でも、その感覚は鮮明に残っています

いつぶりだったのか、大泣きでした

親友のイシュネにも、1人で背負いきれなくて泣きながらも電話していました

社会人になり、美味しいレストランで食事したり、旅行に連れて行ったりして親孝行してみたかったです

それすら出来なくて、悲しいですし、今でも寝る前には父の顔を思いだしては涙が出ます

9年間も体をボロボロにしながら大学の前期学費まで頑張ってくれました

いままで、ありがとう。これからは自分でがんばるよ

ギルドのみんな、きっぱりと心の入れ替えができたら、またインするから

また待たせちゃうけど、まってくれるとうれしい

スポンサーサイト
[ 2012/03/15 14:04 ]

| 未分類 | コメント:(7) | トラックバック:(0) |
引退発表

突然のブログ書かずに、そして、突然引退表明という形になってすいません


そろそろ、潮時かなとジヨンは次の13日の火曜日を最後として引退することにしました。


理由は、さまざまあったりするんのですが


ジヨンは次の4月に大学の薬学部に進学の予定であり、薬学の学費もそれなりにします。


つい最近父親が病気の癌があちこちと転移してきて、今度は脳に転移しました


これ以上は仕事を続けることが出来なることは間違いなく、最悪4月に至れるかどうかの状況です


見舞いに行くたびに苦しそうに横たわってる父親が見るのがとても辛くて堪えられず泣いたりしてました。



でも、今は心優しい知り合いのみんなに励まされながら


父親が亡くなるかもしれない覚悟を決め、学費は奨学金含め、自分で稼ごうと決めました


そんな心境の中で、課金することに対して不信感を抱くようになりました


昔は5kp課金するだけでも躊躇してましたが、つい最近では10kp入れることさえ


躊躇してない自分に気づき、エスカレートしてくるのが怖くなったという理由もあります


これから、夜勤などで働いて稼いだお金が、一瞬にして2万とか消すより有意義に使うか


貯金しておこうと思いました。


まだ、始めてから全然経っていませんが、次の13か14日の記事を最後の記事にします。


ここまで読んでいただき感謝します
[ 2012/03/10 13:26 ]

| 未分類 | コメント:(9) | トラックバック:(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。